古銭の買取の相場を知ろう

★口コミで人気の古銭買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒古銭を高く売る方法を教えます。


古銭を高く売りたい人

私は以前古銭買取の仕事をしていました

その時得た知識から、古銭を高く買取してくれる方法をお話ししますね

家にある古銭コレクションを売りたい

でも古銭ってたいした値段がつかないんじゃないか・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古銭をネット査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ネット古銭買取査定がおすすめです

⇒古銭買取査定はこちら

また引越しの時に不要の古銭を処分する人もいますよね。

でも処分する前に一度査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒古銭を高く売るには?

古銭の買取業者について

古銭の買取業者について語りますね。

最近ではネットでの古銭を買取する業者が増えてきました。

理由は無店舗による経費削減で高価買取が実現できるのと、専門の鑑定士がいてかなり高く買取をしてもらえるようになったのです。

しかも全国どこでも訪問出張する買取専門業者で郵送宅配などもOKです!

とても便利なので是非一度査定してみてくださいね。もちろん持ち込みもOKです。

⇒古銭を高く売るには?

ちなみに古銭の査定料金はもちろん無料です。

古銭の買取価格について

まずは古銭の買取価格や相場の一覧やおおよその価格表、また寛永通宝の値段や紙幣の価値や価格について専門家の立場から書きます。

たぶん持っている人が多い100円札の査定額や売る時の売値についてですが発行枚数が多いのであまり高額査定は期待できません。もちろん発行年度にもよりますが。だいたいにおいてどの程度の価値があるかはなかなか客観的に判断するのは難しいのでやはり専門の鑑定士に見積もり査定を依頼するのが近道だと思うのです。

また外国のお金(外貨)で中国や香港のものの価値や金額や売値について。この場合には海外の古銭の価値は年代にもよるしプレミアムな価値があるかどうかは難しいところなのです。

そして業者の評判や口コミについてですがやはり最近では業者もかなり買い取りに積極的になっているのです。これはやはり昔集めていた人が手放すのです。つまり一時期ブームになった時に集めてみたものの、そのままになってしまって売りに出す人もけっこう最近増えてきています。

他にも一銭・十銭・1銭・5銭・10銭・50銭1円・1円札・5円・五円玉・10円玉・ギザ十(10円玉でギザギザのあるタイプ)・10円札・50円・100円・500円・500円札・旧1万円札・10万円金貨・東京オリンピックの時に発行されたものの価値など。

また江戸時代の古いものから明治時代、大正時代、昭和時代などの年代別の売ると高価なものランキングについてですがやはりポイントとしては発行枚数が少ない方が価値があると言えるでしょう。しかもかなり高額査定が期待出来る紙幣もあるのです。

やはり査定見積もりには汚れなどが関係してくるのです。もちろん紙幣などはなるべく綺麗な方が価値があると言えるでしょう。もちろん多少汚れていてもそれが渋みにもなるしかえってコレクターから価値のあるものと判定される事もあるのでこのあたりの判断基準はとても難しいと言えるのです。

また古銭の買取相場や価格一覧、紙幣の価値や金額について、記念硬貨の価値についてですがこれもやはり発行枚数が価格と価値を決めるポイントになるのです。

ところで古銭の中でも特に有名なのが寛永通宝です。なんと言ってもこの寛永通宝は某時代劇で有名になったものです。たぶん一度はテレビで見た事があるんじゃないかな?

ところでこの寛永通宝は江戸時代の古銭で、意外と流通していて今でも買取の代表格となっています。つまり発行枚数がとても多かったと言えるのです。

ちなみにこの寛永通宝は無背(何もデザインがないもの)が一文銭と言い、背に波模様があるのが四文銭と言います。つまりデザインにより査定価格が変わるというわけなのです。もちろん専門の鑑定士が見ればすぐに見分けがつきますが。

現在の価格だといくらぐらいでしょう。庶民にも普及しているものですからたぶん現在の価格だと100円くらいなのかも。もちろん簡単に比較は出来ませんが。つまりやはり発行枚数が少ないほど価値があり買取価格が高くなる傾向にあるのです。

次に寛永通宝と言うのは古寛永と新寛永に分けられます。古寛永とは寳文字で、最後の3画がスです。新寛永は寳文字で、最後の2画がハです。でも古いものですからなかなか見分けが付かないと思いますし、みんな同じに見えてしまうかもです。これは実際専門の鑑定士じゃないとなかなか見分けがつかないものだと思います。

ところでこれだけたくさん流通していた寛永通宝ですから売りたいと思っていても買取価格もかなり幅があるようです。その価値や評価ですがかなり値段的には分かれると思ってよいのです。つまり100円から1万円ぐらいまでかなりの幅があると言えるのです。

つまり専門の鑑定士にまかせるのが一番わかりやすいのですが、わたしなりに今までの経験から書きますね。参考にでもしてくださいね。まずはコイン屋さんは買取したものはなるべくすぐに売りたいわけですから古本と同じく在庫を処分するという意味で安く買取する傾向にあります。

そして店舗だと色々経費かかりますから。つまりやはり無店舗の強みというのはそれだけお客様に還元できるわけなのです。ところでその点無店舗のネット買取業者の場合は在庫とか店舗代を考えなくて良いですから、当然買い取り価格も高くなると言うわけなのです。これは前に書きましたよね。

しかも特徴は郵送宅配に対応していますので家にいながらにして取引が出来るのです。これはわざわざ地元の店舗に出向く必要がないのでとても便利な方法なのです。また前にも書きましたが寛永通宝には古寛永と新寛永があり、それぞれ価値が違うし、時代によって当然発行された枚数が違うし、保存状態によるのもあります。

とは言うものの世間一般に流通していたお金だし、大判小判みたいな高価なものではないので、その点は買い取り価格は控えめと思って下さいね。

だいたい大判小判ならすごい価格が付く場合もあります。もしあなたが大判小判を持っていたらかなり高額が期待できるでしょう。しかも状態が良い大判小判ならなおさら期待できます。とは言うものの現実的にはやはり流通枚数が少ないのでなかなか発見するのは難しいでしょう。

古銭の買取が盛んな地域:つくば・愛知県・愛媛・茨城・宇都宮市・浦和・越谷・横須賀・横浜市・岡山・荻窪・加古川・茅ヶ崎・岸和田市・岩手・岐阜県・岐阜市・吉祥寺・久留米・宮崎県・宮崎市・宮城・京都・錦糸町・金沢・銀座・九州・駒込・釧路市・熊谷・熊本県・熊本市・群馬・郡山・恵比寿・呉・厚木・広島・江戸川区・江坂・江東区・溝の口・甲府・高岡・高崎市・高松・高知・高槻・埼玉・札幌・三重・三田・三島・山科・山形県・山形市・山口・山梨市・山梨県・四日市・滋賀・自由が丘・鹿児島・宗像・秋田市・秋葉原・渋谷・小岩・小山・松戸市・松江・松山市・松本市・沼津・焼津・上越市・上田市・上野・新潟県・新潟市・新居浜・新座・新宿・神戸・神奈川・神保町・秦野・諏訪・水戸市・世田谷・盛岡・西葛西・西宮市・西尾・青森・静岡・石川県・仙台・千葉市・千葉県・川口市・川崎・浅草・船橋・前橋・倉吉・倉敷市・巣鴨・相模原・足立区・台東区・大阪府・大阪堺・大阪天王寺・大阪難波・大阪梅田・大分・大和高田市・池袋・中央区・町田市・調布・長野県・長野市・津田沼・津島・鶴見・天王寺・天保・都内・土浦・東京・藤沢・徳島・栃木市・栃木県・苫小牧・奈良・尼崎・日田市・日本橋・梅田・函館・八王子・八戸・八尾・半田市・姫路・浜松・富山・富士市・福井・福岡・福山・兵庫県・平塚・米子・米沢市・別府・宝塚・豊橋・豊田・防府・北海道・北九州市・墨田区・箕面・名古屋市・名古屋駅・明石・目黒・野田市・有楽町・立川・鈴鹿市・練馬区・和歌山市



古銭を紹介